スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他者と共に。。

先日、次男のお遊戯会が無事に終わりました。

演目はSMAP。衣装はこんな感じになりました↓

20150226100309eed.jpg


早着替え後
201502261003297c8.jpg



そして当日。

201502260930114aa.png

メンバーの一人のママが元美容師さんで、
全員のヘアーセットを引き受けてくれました☆
写真ではちょっとわかりにくいですが、ラメも振りかけて貰ってキラッキラです。

20150226093106716.jpg

早着替え後の側転!!
他の4人が完璧な側転を披露してくれた中、
次男さん、脚の伸ばしが甘くやや残念な側転でしたが(笑)、
2015022609312740c.png

観客の皆さんも盛り上がってくれて
全体的にとてもカッコいい出来でした!
将来嵐に入りたい長男は、
この次男の疑似ジャニーズに嫉妬しまくりでした(笑)


さて、『育児は育自』と言いますが、
とりわけ子供が集団生活を始めると、
この言葉が本当に身にしみる事が多々あります。
それまでは、「やりたい、やりたくない・言いたい、言いたくない・
つきあいたい、つきあいたくない」等、ほぼ自由に我を通せた事も、
育児においては自分の問題だけではなくなり、
月並みですが、時には「やりたくない事もやらなければならない、
言いたくても言えない、できれば付き合いたくない人とも付き合わないといけない」
という忍耐を強いられる局面が多くあります。
これだけを言うと、何だかとてもネガティブな感じですが、
一見そういった面倒臭そうな出来事の中にいざ飛び出してみると、
思わぬ出逢い・輝き・光を見つける事もこれまた多々あるのです。
その度に、自分がいかに狭い世界や考え方の中にいたのかと思い知らされたり、
良い意味で自分のちっぽけさや無力さ思い知らされ、
他者の輝きや人と支え合い生きる事の素晴らしさを実感します。
まさに、育児を通して自分を育てて貰っている気がするのです。

お遊戯会の衣装作り、手間としては正直面倒臭いものですが、
今回もメンバーに恵まれ、色んな人に助けられ、
沢山の素敵な出逢いがありました☆
一人で完結出来る事の気軽さもそれはそれで魅力ですが、
やはり「他者」を尊重し共に生きるって素晴らしいですね!!

春からは娘にとっての初めての集団生活が始まります。
私にとっても女児の母の世界は初めてで、
経験した事のない色んな問題も抱える事もあるでしょうが、
親子共々、他者と生きる事の楽しさを味わえたらと思います。
そんな願いをこめて。。。娘の袋もの、仕上げました。
(紙等で隠している部分は、名前を刺繍してます)
201502260931569ca.jpg

スポンサーサイト
Comment:2

脳の健康

そういえば、我が家のその後ですが、、
次男のインフル菌からの次なる感染者は奇跡的に現れなかったのですが、
入れ替わりで長男がおたふく風邪にかかりました。
幸い、その影響も他に及ばず、ようやく我が家に平穏が戻ってきたところです。


というわけで、尚も続いた籠城中のお話を。

長男の病状自体は1日程で落ち着いたものの、
おたふくは腫れが出現してから暫くは出席停止となるので、
暇をもて余す事この上ない日々が続きました。
本も読み、絵も描き、折り紙もし、トランプもし、ゲームもし。。。
家でできることはやりつくし、その暇たるや、
学校の友人が放課後に宿題を持ってきてくれるのを心待ちにするという
まさかの事態にまでなりました(笑)
そこで、何かないもんかと巡らせた結果、
こういう事になりました↓
201502081507576fb.jpg

20150208154711d40.jpg

先日blogに書いた祖父の遺品で、かな用に使っていた硯があったので、
半紙と筆を調達してきました。
来年度から書道の授業が始まるし、腕ならしにいいのではないかとやらせてみたら、
なかなか楽しんでおりました!
大方「う○こ」とか書いて喜んでたのですが。。。(((^_^;)

余談ですが、「手先を駆使する音楽家や書家にボケた人はいない」とよく聞くのですが、
実際に祖父も98歳で亡くなるまで、しっかりしていました。
人類の進化を見ても、手先の器用さと比例しているので、
手先の動きと脳が関連している事はおそらく事実なのでしょう。
できるだけ脳も健康であり続ける為にも、
手先を使う趣味みたいなものが1つでもあるといいなと思う今日この頃です。


さて、長男と同様私も暇をもてあましたので、
その間にこんなもの作ってみました↓
20150213160604323.jpg

子供のスイミングに付き添う時に、
自宅から近距離ということもあって、鍵と携帯のみで向かうのですが、
その時に両手が空くようにネックストラップを愛用しています。
この度、長年使っていたものが壊れてしまったので、
余り布で手作りしてみました!
随分前に生地の裁断は終わっていたのですが、
そのまま放置になっていたので、この機に一気に仕上げました。

いかんせん、革をかしめるのに適当な台がなく、
玄関飾りの額の中から板を取り外して台がわりに使うという
あまりのガサツっぷりに夫を呆れさせ(笑)、
(ストラップの下がその板ですが)、案の定一部破損させました(._.)

そして、次男のお遊戯会にむけての衣装作り真っ只中です。
次男のグループはSMAPをします!しかも早着替えあり。。。
先生、なかなかドSな注文です(笑)
あとは、卒園の謝恩会で、ママダンスがあるのですが、
ダンスは断固ゴメン!なので(笑)衣装作りに。。

という感じで裁縫(工作)三昧な今日この頃ですが、
もっと腕をあげて趣味にできたらいいなんて淡い期待も抱いてみたり。
まさに脳の健康にも良さそうな趣味ではありませんか!


Comment:0

有名か無名かで言うと、完全に後者ではありますが、
亡くなった祖父は書家の端くれでありました。
自分の字を気に入ってくださった方あれば、
そのままどんどん差し上げてきたので、
私達の手元に遺された作品は少ないのですが、
この度、そのうちの一点をリビングにお迎えしました。

201501152230138c7.jpg

祖父が好きだった星野富弘さんの詩で、
「星野富弘」を祖父が自分なりに解釈・表現したものです。

この詩は、星野さんが自身の身体的境遇を
自ら苛んだ表現でもあるのでしょうが、
「何に見える」かは外見的な意味のみならず
内面的な意味を多分に含んでいるように思え、
深く突き刺さります。
日々の戒めと言っては大袈裟ですが、
自分がどうあるべきでどうありたいのか、
見失いそうな時の指標になればいいな、なんて思っております。

、、、なんて、格好つけた事言ってみちゃいましたが、
実際は、どスッピン&毛玉まみれのセーターで買い物に出ようとして、
この額が目に入るとドキッっとしております(笑)

Comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。