«脳の健康 | main | ひな祭り»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他者と共に。。

先日、次男のお遊戯会が無事に終わりました。

演目はSMAP。衣装はこんな感じになりました↓

20150226100309eed.jpg


早着替え後
201502261003297c8.jpg



そして当日。

201502260930114aa.png

メンバーの一人のママが元美容師さんで、
全員のヘアーセットを引き受けてくれました☆
写真ではちょっとわかりにくいですが、ラメも振りかけて貰ってキラッキラです。

20150226093106716.jpg

早着替え後の側転!!
他の4人が完璧な側転を披露してくれた中、
次男さん、脚の伸ばしが甘くやや残念な側転でしたが(笑)、
2015022609312740c.png

観客の皆さんも盛り上がってくれて
全体的にとてもカッコいい出来でした!
将来嵐に入りたい長男は、
この次男の疑似ジャニーズに嫉妬しまくりでした(笑)


さて、『育児は育自』と言いますが、
とりわけ子供が集団生活を始めると、
この言葉が本当に身にしみる事が多々あります。
それまでは、「やりたい、やりたくない・言いたい、言いたくない・
つきあいたい、つきあいたくない」等、ほぼ自由に我を通せた事も、
育児においては自分の問題だけではなくなり、
月並みですが、時には「やりたくない事もやらなければならない、
言いたくても言えない、できれば付き合いたくない人とも付き合わないといけない」
という忍耐を強いられる局面が多くあります。
これだけを言うと、何だかとてもネガティブな感じですが、
一見そういった面倒臭そうな出来事の中にいざ飛び出してみると、
思わぬ出逢い・輝き・光を見つける事もこれまた多々あるのです。
その度に、自分がいかに狭い世界や考え方の中にいたのかと思い知らされたり、
良い意味で自分のちっぽけさや無力さ思い知らされ、
他者の輝きや人と支え合い生きる事の素晴らしさを実感します。
まさに、育児を通して自分を育てて貰っている気がするのです。

お遊戯会の衣装作り、手間としては正直面倒臭いものですが、
今回もメンバーに恵まれ、色んな人に助けられ、
沢山の素敵な出逢いがありました☆
一人で完結出来る事の気軽さもそれはそれで魅力ですが、
やはり「他者」を尊重し共に生きるって素晴らしいですね!!

春からは娘にとっての初めての集団生活が始まります。
私にとっても女児の母の世界は初めてで、
経験した事のない色んな問題も抱える事もあるでしょうが、
親子共々、他者と生きる事の楽しさを味わえたらと思います。
そんな願いをこめて。。。娘の袋もの、仕上げました。
(紙等で隠している部分は、名前を刺繍してます)
201502260931569ca.jpg

スポンサーサイト
Comment:2

コメント

14: : 26/02/2015    17:57 [編集]
今度ダンスを見せてもらいたいな〜(^^)
刺繍の鞄もめちゃ素敵やね!
私も幼稚園から使ってた刺繍の鞄と上履き入れを
今も大事に持ってるよ♫
16: 春: 05/03/2015    16:25 [編集]
>ハヤシかな?
ありがとう!是非今度色々見て~!

コメントを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。