«『曖昧』と『明白』その1 | main | 音楽会»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『曖昧』と『明白』その2

一方、『明白』な世界での出来事。


現在、我が家の三兄妹が揃って習っているのが水泳です。

末っ子の妊娠・出産のタイミングもあり、
長男がスイミングスクールの門をたたいたのは小一の春でした。
一般的にもやや遅いスタートですし、とりわけお世話になっているスクールが
図らずも有名なために周りのレベルが高く、
長男と同級生の子は既に4泳法習得してる子がそこそこいるという環境でした。
そんな中、3・4才の子達に混じって顔をつけるところからのスタートで恥ずかしい思いをし、
元々器用ではない長男は、同時に始めた弟に途中でクラスを抜かれる悔しさも味わいました。
そんな日々からはや2年、今は弟を引き離し、200メートル個人メドレーのタイムを縮めるのに勤しむまでになりました。

4泳法習得後にターンなどを習得し、
200個人メドレーの記録がある程度満たした段階で選手コースに移行します。
またその選手コースの中でも30秒毎にクラス分けがされてて、 
毎月の記録会での結果で昇級していくシステムです。
前記事とは全く違って、タイムという明白な力量で序列化される世界です。

もちろん、取り組んでいるからにはタイムを縮める事が大きな目標ですが、
意外にもその過程で学ぶ事が泳法以上にあるのです。
タイムという明白な物差しをもってして序列化されるわけですから、
自ずと優越感や劣等感も含めライバル心が湧きます。 
でも、それが見事なまでに心地よい濃度で漂っていて、
子供達を見ていると『俺もお前も頑張ろう❗』というアツいものが生まれています。
記録会においても、長男よりも遥かに速く泳ぐ友人が、 
自分のウォームアップの合間を縫って応援に駆けつけてくれたり、
長男より前組で泳いで思うようなタイムがでなかった子の親御さんが
長男を必死に応援してくれたり、、
正直私は長男のタイム云々よりも、そういった周りの人達の暖かさが嬉しくて、
この世界が好きになりました。


タイムや点数を競う世界、ギスギスしているのかな~
「人に負けたくない」とか必死で嫌だな~、と正直思っていました。
それこそ、親の勝手な考え方で、水泳は4泳法習得したら
やめてもいいと考えていました。
でも、何事もレベルが上がれば上がる程、血の滲む努力も必要で、 
その中でも報われない残酷な結果を味わう事もあって、、
その痛みや喜びを知っている人にとっては、
他者はライバルでもあり心から称えられれ戦友なんだなと思うのです。
そして、(長男はまだまだですが)
その域にいるからこそ見える景色があるという事がわかりました。
私は、自分自身が何事も中途半端で終わってきたので、
そういった世界を本当の意味で知らずにいました。
もうやめてもいいんじゃないかと考えてた私とは裏腹、予想外にヤル気を出して続けたいと言った長男のお陰で、
今初めて『頑張る』事の真の魅力を教えて貰った気がしています。


ちなみに、長男は先日の記録会で、30秒縮めて一つ昇級しました❗
2015082517374470e.jpg

ただ、まだ下から数えた方が早いクラスで(笑)、
きっと水泳は人生の中で、幼少期の習い事の一つとしての位置付けで終わる事と思います。
でも、そこで得たもの(頑張ったこと・友達と励ましあったこと)は
きっと残っていくなと思うのです。 
その意味で、この2年は、単に泳ぎ方を学んだ時間でもなかったんだなと感じます。




『曖昧』も『明白』も、結局は、「人を思う」という事に始まって
「人を思う」事に繋がっていました。
私自身も、幼少期に音楽(ピアノ)もスイミングも習っていましたが、
この景色を見る事はありませんでした。
それは、環境等も起因しているとはいえ、
私自身が本当には頑張ってなかったからだと思います。
その時わからなかった(学び損ねた)事を、
うん十年たった今になって我が子を通して私自身も学びなおしてる、、
なんだか、やっぱりこの世の出来事は、
全て神の粋な仕業な気がしてならない今日この頃です(笑)

スポンサーサイト
Comment:0

コメント

コメントを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。