FC2ブログ
«ふるさと定期便 その2 | main | 要教育改革!?»

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成!!

以前お伝えしていた、クリスマス用の刺繍、
先日完成しました!
前回はお伝えできなかった事を含めて紹介したいと思います。

2014112508262064e.jpg

これはjardin priveというメーカーの『Quaker d Noel』という図案です。

ちなみに、同時に紹介したこちら↓

2014111807410245d.jpg

こちらも同じくjardin priveの『Quaker de Halloween』という図案です。

さて、両方の図案名にある『Quaker』(クエーカー)ってなんぞや?ですね。
両者とも、クエーカー刺繍をモダンにアレンジして作られた図案と思われますが、
ではクエーカー刺繍って一体何でしょう。
なんとなく、両者に共通する雰囲気みたいなのを感じると思いますが、
私も「なんとなく特徴的なこんな感じの柄」くらいの雰囲気しか知らなかったので、
調べてみました。↓


クエーカー刺繍とは、クエーカー教徒によって刺された
伝統的な模様の刺繍のことで、
白地に赤や黒の単色で刺すのが慣例。

クエーカー教とは、キリスト教の一派で、
カトリックともプロテスタントとも違う
第三の道をいくキリスト友会の俗称。
正式な教義はないものの、中心にある考えは
「内なる光」や「内なる神」などで表現されている。
様々な分派はあるものの、クエーカーの多くは儀式ではなく
内なる語り(沈黙の中で心に呼びかけてくる神の声)を
聞く事に重点をおいている。


ざっと、こういうことだそうです。
更に興味深かったのは、クエーカーという俗称が、
「沈黙の中で内なる語りに耳を傾ける」と、
体が揺れる(=Quake)事に由来しているということ。

そういえば、私も刺繍を刺している時、
幾度となく夢と現で見事に揺れてたな。。
なんてしょうもない回想をしてみたり。。。(笑)



いやはや、何教とか何派とかはさておき、
「沈黙の中で内なる語りに耳を傾ける」というのは、
私の個人的な宗教観というか、漠然と考えてきた人生の真理
みたいなものに通じるものがあって、
なんだか妙に納得してしまいました。
色んな局面で、言動の選択をするとき、
意識的に或いは無意識に自分の内に問うてないでしょうか。
結果的に間違いや失敗は多々あるものの、
私は、他のナニモノでもなく
「自分の内がそれを良しとするか」
の回答で様々な決断をしたい・すべきじゃないかと思うのです。
神も畏れるべきも、全て自分の内に存在するんじゃないかとも。

クエーカー教徒がどのような経緯で刺繍を刺すようになったかは、
よくわからなかったのですが、
なるほど。。。刺繍は必然的に集中が必要なので、
『内なる声に耳を傾ける為の沈黙』を作り出すにはうってつけです。
残念ながら、私は目数を数えるのにいっぱいいっぱいでしたが(笑)、
とはいえ、色んな事に思いを巡らせた時間でした。
これからも、定期的に沈黙(瞑想)の時間として、
刺繍の時間を持ちたいなと思います。
スポンサーサイト
Comment:2

コメント

4: あいぽん: 10/12/2014    14:53 [編集]
お疲れ様!間に合ってるやん。
素晴らしいわ。
6: 春: 15/12/2014    00:26 [編集]
>あいちゃん
なんとか。実は若干間違ったりしてるけどね(笑)

コメントを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。